okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS wj26NARUTO&IC21感想。

<<   作成日時 : 2006/06/04 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電車の中でジャンプ読んでる人に、何度本気で
貸してくださいと言いたくなったか分かりません。
そんな日常送っていますレッツスタートネタバレ。


#308:サスケの力!! / NARUTO
『千鳥流し!!』
ランボ?@リボーン。

『あの目…こいつヤバいな…』
冷静な判断のヤマトがカムバックですよ。
是非このことを綱手に報告して、可及的速やかに
サスケを抜け忍に認定すべきだと思います。

それにしてもサクラこの子…。
この展開中にサスケを100mくらいぶっ飛ばすくらいの
気概を見せてくれたら、少しは心証が変わるんですが。
淡い期待を寄せておきます。

「まさか…お前の中にこんなモノがいたとはな…」
またあっさりとバレましたねこれ。
脇役の秘密は重々しく演出して長々と話続けるのにね。
主人公蔑(ないがし)ろって、まぁ、それがNARUTO
といえばNARUTOらしいんですがね。

てか九尾のことを大蛇丸は教えてくれなかったのか?
なんでコイツはナルトの精神世界に入り込んでるの?
と、まぁイロイロとツッコミ所満載。

で。
サスケが九尾を倒しちゃう?
めっちゃ強くなってる設定で颯爽と格好良く?
詰まらんなーソレは。

予想としては、ナルトってか九尾が大暴走するんじゃぁ
ないかと思っています。
ヤマト負傷中だし、初代目の首飾り外れてるし。
サスケがいつもの如く調子づいて九尾をせっついたせいで、
九尾が本気モードになっちゃって。
誰も制御できずに核弾頭と化す、みたいなね。

そのときサクラがどういった行動に出るのかが、
今後の展開の大きな流れになればいいと思います。
助けるのはサスケじゃなくてナルト、っていう。
「私とあの子が溺れているならどっちを助ける?」
とかいう、少女漫画チックな選択肢で頼みます。


そんなこんなで、またサスケの株が上がっちゃうような
展開に溜息を禁じえない先週のNARUTO感想終わり。


186th down 決勝点は21
「こいつら…」「まだあの神龍寺に勝つ気満々でいやがる…!」
こいつら、あの山王に本気で追いつく気でいやがる!!
みたいな。
懐かしいなぁ、この展開。
稲垣さん、目指すはあのスピード感ですかね。

『疾い…!』
阿含が誉めた!!@ハイジ。

「ある意味最強に極悪なんじゃねーの雲子ちゃん」
だってお前の兄ちゃんだもん。


「ある理由があってな 18点差と21点差じゃ天と地なんだ」
なんだろー。
万が一この後泥門が3回タッチダウン+エクストラポイント
決めたとしても、21点差あったら同点どまりで神龍寺に
攻撃権が移って終わっちゃう、とか。
そういうのかなぁ。
けど、それってつまり「追いつく時間が足りない」って
ことになりますから違いますよねぇ。
なんだろー。

「…言ってみな」
言ってみろ、ではなく「言ってみな」。
いつもの強気な口調ではなくどことなく弱気(てかオネェ言葉)。
崖っぷちに追いやられたヒル魔の心情がこの一言に
表れていると思います(適当・笑)。


雲水の計画を理解したときの阿含の一瞬の間(口開けて
ポカーンとしているコマ)が弟って感じで可愛く見えた
先週のアイシールド21感想終わり。



そんな今週の合点は2作続き万歳
ジャンプ解体するとき楽でいいな、というお話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
wj26NARUTO&IC21感想。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる