okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS そうだ、京都行こう(1日目)。

<<   作成日時 : 2006/03/10 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安直なタイトルで恐縮です。およそ1週間前のお話です。
まずは1日目。興味のある方はお付き合い下さい。


2006年3月2日木曜日( ときどき

米原あたりで驟雨(しゅうう)が見受けられ、天気に
一抹の不安を覚えつつ正午過ぎに京都駅に到着。
荷物をコインロッカーに預け、まずは近鉄京都線で東寺駅まで。
前回(12月)、京都駅から市バスで移動したときには
けっこう時間が掛かったのですごく遠い場所にある
と思っていたんですが、電車だとすぐなので驚きました。


お堂の中はヒンヤリ厳(おごそ)か。
国宝や重文に指定されている仏像を拝みました。
ウチの京都検定3級(身内)曰く
「その時の気持ち如何で仏像の表情が違って見える」そうです。
かく言うありうは「虚空な顔」だと思いました。
それはつまりありうが虚空だったちゅーコトになるのか?

*写真にオンマウスでコメントが表示されます。

お堂の外にて。会社(内定先)の電話に対応するありう。   東寺のシンボル五重塔を激写するありう。


ちなみに当日アップした東寺の記事はコチラ
(注:撮影時間と記事アップ時間には時差があります)


一頻(ひとしき)り東寺を堪能したあとは、東寺駅に戻って
電車に乗り、丹波橋駅へ。
そこで京阪電鉄京都線に乗り換えて中書島駅に到着。
この連絡通路にて綺麗なお姉さんと遭遇したのですよ。
(詳しくはコチラの記事を参照)
で、狐の嫁入りの中、徒歩で寺田屋に向かいました。

坂本竜馬ゆかりの宿。万屋銀ちゃんの寝床ではありません。
館内にはお登勢とおりょうの
写真がありました。
おりょうは別嬪さんでした。
彼女がマッパで駆け上がった
という階段は狭くて急だし、
風呂場はやっぱり狭くて、
しかも寒々しかったです。
すげぇや愛の力。
(風呂場は関係ないか)
庭にはお登勢を祀った社が
あり、竜馬とおりょうの仲を取り持ったことから
縁結びのご利益があるとされていました。
ありうはそこで真剣にお参りしている身内の背に
鬼気迫るものを感じました。


その後は大手筋商店街を抜けて丹波橋駅まで徒歩で。
そのまま御香宮神社に行って、御香水を飲みました。
コチラでも述べたように、名水百選の一つで、病に
効くそうです。
この日も大きな容器を持った地元の方々が数組
いらっしゃいました。
ありうがここの水を飲んだ後にどうなったか興味のある方は
上のリンク先でご確認ください。早い話、自業自得です。


で、近鉄京都線で京都駅へ戻り。
荷物をコインロッカーから取り出した時間は18時ちょっと前。
ちょうど夕食の時間ということで、
京都駅地下街ポルタの「カフェグリル東洋亭」に入りました。
ここは、大正6年創業という洋食の老舗だそうです。
イメージは「つばめグリル」。特にメニューがよく似ています。
ありうはトマトの魚貝スパゲッティーを頼んだんですが、
ガーリックの効きがイマ一つで、少し生臭さが立ってしまって
いたのが残念でした。
あと、ちょっと味が薄い…。
と感じるのは、十中八九ありうが濃い味大好き人間ゆえでしょう。


その後、デパ地下に入っていたケーキ屋(名前忘れました)
でありうはガトーショコラ、身内はラズベリー系ケーキを夜食に
購入してホテルへ(烏丸御池まで烏丸線で)。


こうして京都1日目の夜は更けていったのでした。
以降、こんな調子で2日目へ続く(キートン山田調)。



カフェグリル東洋亭を詳しく知りたい方は カフェグリル東洋亭の公式HP をクリック。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
そうだ、京都行こう(1日目)。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる