okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS お返事と感傷。

<<   作成日時 : 2006/02/23 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

web clapへのお返事と、後半はなんのこっちゃ。
なタイトルですが、マァ平たく言えば日記です。


*wj12感想の合点、読んで噴出してしまいました。
これは、フレンズ(あるいはジョーイ)とNARUTOの
両方を知っていなければ分からないネタでした。
分かる方がいてくれて良かったです(笑)。


基本アニメはあまり観ないので、声優の知識が曖昧です。
平田さんってもしかしたら格好イイ系担当なんでしょうか?
ありうはジョーイ役の平田さんが一番馴染み深いため
(あとはERのカーター)、あのイメージが払拭できない
んですがね。
「格好イイ系な平田さんの声」ファンの方、スミマセン。


余談ですが、関俊彦さん(アニメNARUTOのイルカ役)は、
ありうの中では永遠に「ふえはうたう(NHK教育)」の
「トシくん」以外の何者でもありません。
当時小学3年生だったありうと級友たちは、ブラウン管の中で
彼が如何ともしがたい子供だまし的間違いをする度に舌打を
したものです。
齢一桁のガキんちょをやさぐれさせ、あまつさえ疲労感をも
与え続けた彼を、ありうは一生忘れることができません(笑)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


昨日、卒業者発表がありました。
朝10時にネットで確認し、無事自分の学籍番号を
発見して、いざ成績通知書を受け取りに学校へ。


ただ、その前に人と会う約束があったため、
学校に着いたのは16時半を回っていました。
窓口は17時までだし、今は春期休暇中ということもあって
キャンパス内は閑散としたものでした。


教務課で「おめでとうございます」と言われて通知書を
受け取り、事務処理はものの数秒で片付いて。
でも、すぐ帰る気にはなれずに、人気のない中庭のベンチ
に腰掛けて煙草を燻(くゆ)らして。
静かな校舎を見上げて、5年前の春を思い出したり
なんかして。


年をとると、数年前のことでも本当に「ついこの間のこと」
のように感じてしまうから困ったもんです。
望んで入った学校ではなかったし、そのため楽しい時間なんて
少しもなかった場所なのに、こうしてすべてが終わってみると、
なんとも言えない感情が湧いてくるから不思議です。


もうココに来ることはないんだろうな、と思いながら
(ウチは卒業式を学外で行います)、少なからずの
感傷に耽(ふけ)った仲春の夕暮れでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
お返事と感傷。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる