okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS それはある意味不幸の…。

<<   作成日時 : 2006/01/17 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルは『すべての雲は銀の…』の系譜で(は?)。
中身は昨日の夕方に掛かってきた電話の噺です。


その電話の相手ってのが、これまた果てしなくいい加減な
ヤツなんですが。
何だかんだ言いつつ続いている腐れ縁の悪友でして。


近々遊ぶ予定だったので、そのことだろうと思って
電話に出るや否や。
「はぁ〜」という盛大な溜息から始まり。
理由を尋ねると、
「2外(第2外国語)のテストがめちゃくちゃ難しくてさぁ」
あぁ、なんだテストね。
てか月曜5限の2外は1年生の必修だろ?
アンタ何年生よ。
「ん?5年生?」
疑問じゃなくてそこはむしろ自信を持って肯定しろ。
「また(卒業)ヤバイかも」
6年生ってアンタ小学生か?
「てかもう(卒業)ダメだわ」
上京して5年も通って親泣かせなヤツだな。
「最近彼女ともうまくいってないんだよね」
何だか知らんが多分アンタが全面的に悪いと思うぞ話し合え。
そんなことを胸中で思いつつノラリクラリと話していると、
「あ、キャッチ入っちゃった。ごめん」
プツ…ツー…ツー…ツー…
「…これは新手の嫌がらせか?」


         ***** 5分後 *****


再び着メロ(HAVE A NICE DAY)が鳴り響き、電話に出ると
「彼女と別れました」
スピード解決?!
どうやらキャッチの相手は彼女だったらしく
(しかもラストコールだったらしく・痛)。
振られたのか(しかも5分で片がついたのか)。
「振ったんだよ」
へー……“散々”だね今日は。
「ホントだよ」
振ったヤツは“散々”じゃなくて“清々”って言うだろ。
やっぱり振られたなコイツ。
「今年は前厄だし、お払いしてもらったんだけどな」
神主は厄を払えても因果応報までは払えねーよ。
「…ホント、散々な1日だよ」
そーだね、振られちゃったんだもんね。
「はぁぁぁぁぁぁ〜……………腹減った」
深い溜息の末に出てくる結論がソレかよ!
「てことで、そろそろ家帰って飯食うわ。じゃぁね〜」
プツ…ツー…ツー…ツー…
「……完璧嫌がらせだろコイツ」


何が哀しくて他人の不幸な1日に同伴しなきゃ
ならないんでしょうかしかもわざわざ電話越しに。
今後コイツの着メロだけは「HAVE A NICE DAY」
以外に設定しようと本気で思います。



そんな今回の合点は知り合いでも気をつけろ!!
電話での被害は案外近場のヤツからでも発生します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
それはある意味不幸の…。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる