okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS 1泊2日の京都旅行(1日目)。

<<   作成日時 : 2005/12/17 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の土曜と日曜で、ぶらり?と行って来ました。


ほぼ1ヶ月前に行ったとき(参照)は日帰りだったので、
今回は泊りがけで。
言っても1泊ですが。


京都に降り立ってまず最初に向かったのは
京都国立近代美術館。
平安神宮の鳥居のすぐ近くです。
先月、テレビ東京「美の巨人たち」で
岡本神草「拳を打てる三人の舞妓の習作」
というものをやっていまして。
なんとも不気味な絵なんですが、反面、
一度見たら忘れられないようなインパクトで。
本物が見られるなら、是非行ってみようかな、なんて。


が、時間が時間だったので、美術館は後回し。
平安神宮を詣でて、昼食を摂りに聖護院の方まで。
一緒に行った京都フリークの身内に引っ張られて、
向かった先は「河道屋養老」さん。
看板が「養老鍋」と「そば処」なだけに、うどんすきじゃ
なくてそばすきです。
薄だしでもしょっぱさは濃い目。ありうの好みでした。
あと、興味本位で「そば巻き」っちゅーものを頼んでみた
んですが、出てきたのは海苔でそばを巻いてあるという
大変ベタなものでした。これは京都独自の食べ物なの?
食べやすいし簡単なので、今度家でも試してみようかと。



腹ごしらえも済んだし、再び平安神宮方面へ。
途中、武道具店の前でキュートなポスターを
発見&激写。
そしたら店から出てきた客(異国の人)に
「AHA〜HA〜」
と笑われてしまいましたよアハーハー。

ちなみに美術館の近くには公園がありまして。
(というより、美術館のある位置は公園内)
見事な紅葉を見つけたのでそれも激写です↓



ようやく美術館に入るも、展示してあるのは須田国太郎という
京都出身の画家さんのものばかり。
まぁ、「須田国太郎展」になっていたから不思議でも何でもない
んですが。
展示会場の3階と4階を全部周っても件(くだん)の作品は
見当たらず、近くにいた学芸員に尋ねたところ
「常設している絵じゃないんですよ」
んなバカな。
だって薫(ナレーター)は言ったもの。
「京都国立近代美術館に行けば会える」って言ったもの。
確かに言ったよ薫は!
「テレビで、いつでも見られるような表現をしてしまったから、
他にも来られる方がいらっしゃいました」
ショックでしたよ。極めつけに須田国太郎の作品が暗いから、
ますます凹みましたよ。
まぁ、調べもせずに行ったコッチも悪いんですけどね。
近代美術館でのありうの収穫は、3階から4階に上がるとき
に窓から撮った↓の写真たけでした。



そのあとは、歩いて祇園まで下り鍵善へ。
およそ1ヶ月ぶりの葛きりですよ食いすぎっちゅー話です。
しっかし、混んでましたね。
4時半くらいだったと思うんですが、とにかく混んでました。
そのうちに店先の方まで列が出来ちゃってビックリですよ。
えろう儲かってはりますなぁ良房はん(市田ひろみイメージで)。
店を出て、鍵善の斜め向かい、花見小路にちょっとだけ立ち寄って、
それからは南座を通り過ぎてひたすら四条通を進み、

     

路を一本中に入り錦市場へ。
そこで湯葉や生麩の夜食を買ってから、
目指すはイノダコーヒー本店。
ちなみに今回の旅、食ってばかりなのはナビ役が食道楽な
ヤツだからです。ヤツといるといつも何かしら食わされます。



頼んだのは、イノダのメニュー中もっとも酸味が薄いとあった
ジャーマンでした、が。
どこが薄いんだ?
過剰に酸味に反応するありうの舌には、充分サワー(というと
語弊があるかも)。
一緒に頼んだケーキと共に飲むと、緩和されて程よくなりました。
正直、タバコを吸いながらでもきつかったかもしれません。
ケーキと、それに添えらたクリームは甘さ控えめ。美味しかったです。
↓の写真は、対面の建物(イノダのビル)にディスプレーされていたもの。

    


あとはホテルに向かうだけ。
ということで進んでいくと、何やらレンガ造りの
絵になる建築物を発見。
ナビ曰く、旧日銀京都支店を改装したものということ。
閉館間際にもかかわらず、外観に惹かれ館内へ。
あったのは土産品や展示物で、そこらはサラリと
見回す程度だったんですが。
天井などのレトロ感は外観に違わずイイ感じです。
多分、ここは内外ともに夜の方が雰囲気が
出るんじゃないかな、と思います。
そんなこんなで1日目の最後は、京都文化博物館で
幕を閉じたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
1泊2日の京都旅行(1日目)。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる