okey-doke

アクセスカウンタ

zoom RSS 決勝進出。

<<   作成日時 : 2005/07/27 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

26日の台風上陸を受け、順延していた神奈川大会準決勝。
台風一過で茹だるような暑さの中、ハマスタで行われた第一試合。
母校が3年ぶりに決勝への切符を手にしました。


相手は、春季に県大会を制した日大。
2回まで互いに無得点。
戦局が動いたのは3回、先攻の日大
1点先制の後、ツーランHRで2点追加。一気に3得点
しかしその裏、日大エースの四球が続き、母校が押し出しの2得点。
加えて7番のヒットで1点追加、すぐさま同点


4回表、母校のエースが降板。守りの要は、やはり不調から脱せず*LINK
両チームとも走者が2塁まで進むも得点なし。


5回裏、母校の4番がヒットで出塁。
それを送りバントで2塁に進め、再び7番がヒット(ツーベース)を放って1点追加。
勝ち越し


6回、両チーム得点なし。


7回表、日大が送りバントで2塁まで進めたのち、ツーベースヒットで1点追加。
同点に追いつく
その後は四球で出塁するも、4番がダブルプレイに終わる。
7回裏、母校の先頭打者が1ストライク2球目からのHR。
1点追加で、すかざす突き放す


8回、両チーム得点なし。


9回表、日大は2塁に走者を置き、カウント2−2。
バッターは主将。渾身のツーベースヒットを放ち、1点追加。
土壇場で同点に追いつき延長戦突入。


10回裏、それまで力投していた日大のエースが、右足の不調により降板
球数は162球。
両チーム得点なし。


11回表、日大は2塁まで走者を進めるも、得点に結びつかず
11回裏、母校はヒット、四球、送りバントと四球で満塁。
そして最後は、押し出しのサヨナラ

***************************************************************************


母校が勝った瞬間、嬉しさよりも日大投手陣の無念さを思い涙腺が緩みました。
エースから引き継いだマウンドを、
リリーフの選手が懸命に守っているのが見て取れました。
エースは最後まで投げたかった。リリーフは守りたかったし、明日に繋げたかった。
その2人の思いが、最後はああいう形で幕を降ろしてしまった。
とても切なくなりました。


突き放しても喰らい付いてくる。
春、8点差をひっくり返して優勝した日大の強さを見せてもらいました。
日大ナインは、本当に素晴らしかったと思います。


母校は明日、3年ぶりの決勝戦。
今日の試合でも多くの課題を残していますが(主に監督)。
何にせよ、慶応を相手に(今決まりました)悔いのないよう戦って欲しいと思います。



そんな今日の合点は、
まだ運は尽きてない
たとえ運でも結果が残ります。名門は一朝一夕で出来るわけじゃぁない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
決勝進出。 okey-doke/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる